アンチノール 効果を立証・・思わぬ結果に!本音の口コミは!?

ペットサプリでは知名度があるアンチノールですが本当に効果があるのでしょうか。

アンチノールは主にペットや人のサプリメント販売などを行っている東京都港区南青山の株式会社 V and Pという会社が販売をしており設立は平成25年となっています。割かし新しい会社ではあるが動物病院6,000店舗で取り扱いがあります。

公式ページに記載のある効果
関節や皮膚、認知機能、皮膚・被毛、心血管、腎臓、神経など
原材料
オリーブオイル、PCSO-524(モエギイガイ抽出脂肪酸=緑イ貝)、d-α-トコフェロール(ビタミンE)、カプセル(牛由来ゼラチン、グリセリン、水)

(多価不飽和脂肪酸33㎎(オメガ3脂肪酸21㎎含む)、飽和脂肪酸32㎎、一価不飽和脂肪酸81㎎、他)

企業規模としては資本金100万ですのでそんなに大きな会社さんではないですが動物病院で6000店舗の取り扱いと記載があるのでかなり信用度のあるサプリメントですね。主成分に関してはモエギイガイが中心となっておりこれが効果があると言われている成分です。自然の素材を利用しているという記載がありますが決してすべて天然の成分と言うわけではありません。青色で記載されているのは添加物です。

アンチノールの効果の代名詞「モエギイガイ」の効果はなし?

アンチノールの効果はなしと決めつける前に原材料を見てそれが確かなものなのか調べて見る必要があります。アンチノールの原料として効果が期待できるのは「モエギイガイ」という成分です。このモエギイガイという成分ですがこれは犬や猫にどんな効果があるのでしょうか?またその結果はどのようなものだったのでしょうか。

根拠のある犬の臨床試験結果を最近の論文などから抜粋してまとめてみました。

ペット栄養学会誌参照 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jpan/24/2/24_S8/_article/-char/ja/

低脂肪食とモエギイガイ抽出脂質物を与えたところ高コレステロール血症・高TG血症が改善された。

Antinol latest studeies  https://antinolstudies.com/latest/

79匹の変形性関節症の犬で緑イ貝を有効性を実験し有意な改善があった。しかし31匹の関節症の犬での4週間の実験ではピーク垂直率は改善しなかった。

ニュージーランド獣医ジャーナル https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/00480169.2006.36622

81匹の犬に56日間、緑イ貝(モエギイガイ)を投与した。症状はひとりの獣医師と飼い主が主観的に採点。筋骨格がわずかに改善されたという。

この臨床実験から見ると効果があったという例が多いですね。関節だけでなくコレステロール血症までもが改善されたという実験結果までありました。

しかしアンチノールの脂肪酸の合計から見るとモエギイガイは1粒250㎎中146㎎程度であると考えられますので臨床実験から見る体重1kg25㎎~75㎎のモエギイガイでの実験と比べ量は必ずしも臨床実験と同一とは言えません。アンチノールでは20kgまで1日1粒として販売していますが15㎏のワンちゃんだと1500㎎が必要です。アンチノールから摂取できる緑イ貝(モエギイガイ)ではちょっと少ないという事になってしまいますね。ただ少ないから、多ければ効果があるなしという事ではなく量に関しては効果を指し示すための確信的な臨床試験結果は今のところあまりないという事です。こういったサプリメントでは何の成分がどのような効果があるかを考えることが重要です。より確信的なサプリメントを希望するのならDHAなど多くの臨床試験が長きに渡ってされているような商品を選ぶのもひとつかもしれませんね。

アンチノールの他の成分は危険?注意点

アンチノールの他の成分が気になる!売りであるPCSO-524(モエギイガイ抽出脂肪酸)の効果は上記から何となく理解したと思うが他の成分に関してはどうだろう。

気になるのは「ナチュラル成分」と記載があるが添加物は利用されているという点です。とは言ってもナチュラルチーズでさえ製造や保存させるために化学処理がされれば添加物が含まれる事がある。要は天然由来の成分で合っても酸化をしないようにしたり、保湿や着色、栄養を補ったりすれば合成添加物が成分に含まれてしまう事になります。

アンチノールも同様ナチュラル成分と記載があっても添加物をまったく利用していないという事ではありません。

添加物は株式会社エフシージー総合研究所のsoukenkunで検索する事ができます。

あわせて読みたい

これによると

グリセリン(軟化、溶剤、製造用剤)、ゼラチン(結晶防止、製造、乳化剤)、酸化防止剤(酸化するのを防ぐトコフェロール

等が添加物となります。アンチノールは添加物なしではありません。 これが動物の体にどう影響するのかはわかりませんが添加物を避けたいと思っている人は他の有用成分で効果があっても良く考える必要があると思います。口コミで書かれているネガティブな意見はこういった成分から連想される事があります。現にジブチルヒドロキシトルエンや亜硫酸ナトリウムなどの酸化防止剤はは発がん性や胃痛などを引き起こす可能性が示唆されている。アンチノールのトコフェノールについては詳しくは⇒ペットサプリ酸化防止剤について

アンチノール効果 リアルな口コミは?それ本当?

最後に口コミをまとめてみました。基本的に口コミは購入者でないと分かりません。

獣医師さんのブログに記載されていても販売していれば多少の宣伝が必要になってきますのでリアルな意見が知りたいですよね。

販売目的でない口コミを探す必要があります。例えばショッピングサイトの口コミ、Twitter等がリアルに近いかと思います。

大手ショッピングサイトの売れ行きベスト5です。一応どこのショッピングサイトにも上位になっていますので評価や評判が良いのはわかりました。

楽天ショッピング・・・ペットサプリランキング1位

Amazon・・・犬用ビタミンサプリメント売れ筋ランキング5位

yahooショッピング・・・犬用サプリメントランキング

口コミをまとめて見ましたので記載していきます。

楽天で購入する方が安いわ。楽天デイリーランキング1位ってすごい

病院の先生にすすめられた。
アンチノールとH&JIN溶かしたスープを飲んだらアンチノールを吐いてしまった。
偶然かもしれんが次の日からトイレの砂消費量が減りました。しっぽはまだ上向いてませんがアンチノール続けます。
関節の調子は良さそうだしレントゲンでも関節摩耗も確認されなかったから効果あるのかな~
アンモニア値が高いので病院にいきました。前回は基準値超えてたのに今回基準値が最低レベルで良好。アンチノール飲ませている以外何もしていない。不調のせいで高かったのか・・胆管が詰まっていたのか・・もう一度病院に行く予定

アンチノールはわんちゃんの万能薬なので色んな予防にオススメらしい

家の犬に関してはアンチノールアレルギーで服用した後、下痢がひどくなったので今はあげるのが怖くてあげていません。

半年くらいアンチノールとアクティベートを飲ませてるけど回復しては発作が起きたりの繰り返しで現在は脳にダメージが残っています。最近薬を変えたら回復してきてうれしいです。

関節に痛みがあるはずだから、アンチノールを処方されそれからずーっと何年も飲みました。動きはそれでも遅くなりましたが亡くなるギリギリまで歩いてくれました。

皮膚の改善があると思い数か月アンチノールを飲んだが改善されなかったのでやめました。

脚が震えていたので病院に行ったらアンチノールを飲ませて見たらと言われた。

うちの子はアレルギーがひどくてほとんど手作りフードでした。時々お薬も出されていましたが今はアンチノールだけで対処できています。
私の犬にはアンチノールのカプセルが合いませんでした。ただ食い意地ははっているのでピルポケットに入れると食べてくれる。
後ろ脚が弱くなっていたがアンチノールが結構効いて一時期だけど歩けるようになった。

こうやって見て行くと反応としては悪くないように感じます。多くの病院と提携しているので勧めてくる獣医さんも多いですね。しかし万能薬と言っている人がいたのも事実ですが良い感想のほとんどが関節系ばかりでした。他の改善の口コミがほとんどなかったという印象でした。病院の先生も勧めているようですが関節が悪い場合にという感じで口コミを見る限りですと万能薬というのは言い過ぎ感もあるようです。

当サイトおすすめ商品

管理人一押しのオメガ3脂肪酸を多く含んでいるサプリメント!しかも世界初の抽出法により2~3倍の吸収率と天然ビタミンの抽出に成功。また小型犬なら1本買えば1年以上持つのでとてもリーズナブルです。


※当社調べ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

口コミコメント

コメントする

目次